石川県地質調査協会について

会長ごあいさつ

(社)石川県地質調査業協会は、昭和51年に設立され、会員企業16社で構成されております。
地質調査技術は、建設プロジェクトの計画から設計、施工、メンテナンス、そしてリサイクルの各段階毎の特有な問題に対し、よりきめ細かな地盤情報や解析を提供する事により、結果的にプロジェクトの品質およびトータルコストの縮減に大きな影響を与えるという社会的使命を負っております。この社会的使命を果すためには、地域の複雑な地形・地質、土質性状に精通した結果から高度な判断ができる地質調査業の専門技術者の存在は欠かせません。
また、地質調査技術は地盤災害、特に地すべり、斜面崩壊などの土砂災害の予知や予防に関連が深く、災害時での点検、応急復旧、防災対策の樹立、災害に強い構造物の整備などに関して地質調査業の果たす役割は大きいものと考えています。しかしながら、地質調査業は地味であまり目立たない仕事でもあり、あまり理解されていない面もあります。このため、地質調査および地質調査業協会について知っていただくためと、この度の法改正により、社団法人から一般社団法人に移行したため、ホームページをリニューアルすることにしました。
なお、当協会では社会貢献の一つとして、一般向けに「地面の下の見えない部分が気になりませんか」というタイトルで地盤に関する無料相談窓口を開設しておりますので、お気軽にご相談下さい。

平成25年4月1日
一般社団法人 石川県地質調査業協会
会長 尾蔵 博

協会概要

一般社団法人 石川県地質調査業協会
〒920-0059石川県金沢市示野町西7
TEL : 076-267-3244
FAX : 076-267-3271
アクセスはこちら

「地質いしかわ」の発行

石川県地質調査業協会では昭和51年より情報誌「地質いしかわ」を発行しています。
協会内外より寄せられた盛り沢山の執筆内容で、石川県地質調査業協会の情報をお届けしています。

冊子のダウンロードはこちら