地質調査とは

地質調査は、あらゆる建設事業の土台となり、
地域の安全を支える仕事です。

家やマンションなどの建物を建てるときに必ず行う「地質調査」。あらゆる方法で地盤の「形」「質」「量」を探り、地上から見ただけではわからない地中の特性を判定して、そのデータを建築工事や土木工事、構造物の維持管理、防災などに役立てています。
また環境保全の調査も地質調査に含まれ、土壌・地下水汚染などを調べます。
業務の大きな流れは現地で調査・計測・試験を行うフィールドワークと、その結果を解析・判定するデスクワークを行い、最終的に報告書として提出します。

暮らしを支える調査 暮らしを支える調査

暮らしを支える調査を
のぞいてみよう

イラストの調査員をクリックすると
詳しい調査内容をご覧いただけます。

道路改良調査道路改良調査 建物基礎調査建物基礎調査 土壌汚染調査土壌汚染調査 砂防・治山調査砂防・治山調査 地すべり対策調査地すべり対策調査 急傾斜地対策調査急傾斜地対策調査 護岸堤防調査護岸堤防調査
土壌・地下水汚染調査

土壌・地下水汚染調査

土地を売るとき、買うとき、土壌汚染対策法に基づき、地下の汚染を調べます。

詳しく見る
災害調査

災害調査

土砂崩れや地すべりなど、地質に起因する自然災害のリスクを調査します。

詳しく見る
基礎地盤調査

基礎地盤調査

建物の地盤から、道路や上下水道などのライフラインの整備まで。あなたの生活をもっと安全に、もっと便利に。

詳しく見る
地質調査の流れ地質調査の流れ